ホテルの設備

北京怡爾商務会館(四合院式ホテル)は古き良き時代の北京を代表する南池子大街にある灯笼庫胡同に位置しており、紫禁城に近くにあるためかつて清王朝時代に宮内用燈籠の倉庫という由緒があります。民国時代に普通の民居に改築し今日のホテルの場所に至りました。

南池子大街にある随一の四合院式ホテルであり、長安街、天安門、人民大会堂、前門などハイライトなエリアまで徒歩でいけるのもこのホテルならではの魅力です。

ホテル全体的なイメージは中国古典的な庭を用いられます。エレガントでユニークな中庭、緑豊かで居心地の良さを強調するためパテーオのの部分だけガラスで区分されています。中央クーラーも設置しさらに過ごしやすくなりました。

レストラン、屋上にあるパテーオ、ビジネスセンターなどの施設が完備。ビジネスセンターではツアーの予約やコピー、国際電話、ネットカフェなどのサービスを含まれおります。

2008年9月にオープン

北京怡爾商務会館(四合院式ホテル)

北京市東城区中心部にあり、長安街、天安門、人民大会堂、前門などのハイライトなエリアまで徒歩で行けます。地下鉄1号線「天安門東」駅は最寄り駅で徒歩5分の距離です。

北京首都国際空港まで28キロ

北京駅まで3キロほど

北京怡爾商務会館(四合院式ホテル)